【2017年1月15日OPEN!!】
リトル商店街の続編!1日~お店を開業できる清川リトルスタンドとは?



2016年3月~7月末まで福岡市中央区清川で開催された清川リトル商店街では、初期費用が約50,000円、月額費用が15,000円、週3日・1日4時間以上お店にいること、などいくつか制約はあり、これにより出店を断念した方も多くいました。

そのリトル商店街の続編でもあり、ハードルをもっと下げたこの清川リトルスタンドが2017年1月15日にOPENします。
そこの特長を7つのポイントに分けてご紹介します。

 

【①1日~好きなタイミング&期間で出店可能!!】

ここでは1日~単発利用もできるので自分の都合に合わせて出店できます。
それ以外に平日のみ週3日や土日のみ週2日などのレギュラー利用も可能で、こちらはサポートプログラムが適用されます。
他にも利用スタイルはご相談いただければ検討します。

【②お店に常時いなくてもOK!!】

前回と大きく変わったのがここ!お店にいなくてもいい委託販売もあります。
これによって出店の選択肢を広げようと思います。
ただ、単に商品が並んであるという状態は好ましくないので一緒に工夫していきましょう。

【③費用面のハードルは最小限に!!】

費用も最小月1,500円~委託販売で出店できます。
平日週3日or土日週2日のレギュラー利用だと月10,000円になります。
詳細はこちらのHOW TO STARTのページをご確認ください。

【④チープなチャレンジショップではない!!】

清川リトルスタンドはこだわりのお店の表現の場であり、”そこにしかない”をつくり出す場です。
店舗什器もデザイナーによるものが中心でお店や商品を魅力的に演出してくれます。

【⑤試行錯誤しながらステップアップできる環境!!】

ここは単に商品を販売する場所ではありません。新しい商品を出して反応をみたり、ディスプレイなど様々な表現を試みてみたり、新たな実験をし続けながら成長していくための場所です。レギュラー利用者には清川リトル商店街をプロデュースした下野弘樹がプロモーション含めたサポートをしてくれます。

【⑥ギャラリー&ワークショップコーナー&ラボを併設!!】

2月か3月ぐらいから隣に小さなギャラリーとワークショップスペースをつくる予定です。
こちらではアーティストやイラストレーターの方が作品展示したり、クラフト作家さんのワークショップにも割安で利用できます。
そして、隣に同じビルのテナントとして入居しているCREATORS LAB HuEでは、クリエイターが自分ブランドの商品やコラボ商品を開発していくラボ活動も定期的に行っており、そことの連携も検討しています。

【⑦共同運営チームで意見アイデアを反映!!】

アメリカのギャラリーなどではco-opという形であるそうですが、単なる出店者というより共同企画運営チームとして清川リトルスタンドの利用価値を一緒に向上させていくスタイルでつくりあげていきたいと思っています。
出店料以外に、月に1回は店番をしてもらうなどの役割も出てくると思いますが、その分運営メンバーの意見アイデアは反映できる可能性は高いです。もちろん運営チームへの参加は任意ですが、そちらの方々を優先したいと考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です