渡辺徹1

【SH-01】

セイくん

ラガーこと俳優でタレントでもある「渡辺徹」さん。

彼は整形しているのでしょうか?

 

こちらのページでは、渡辺徹さんの画像を若い頃から現在まで時系列で紹介しています。

また、整形疑惑の部位や世間の反応も掲載しているので、参考にしてください。

 

【SH-02】

渡辺徹の若い頃から時系列で紹介

ケイちゃん
渡辺徹さんの写真を昔から現在に近いものまで紹介しますね。

 

1982年:22歳ごろ

 

渡辺徹1画像出典:https://ameblo.jp/giants55-1013/entry-11389028630.html

 

こちらの画像は渡辺徹さんが22歳ごろの写真です。

卒アルは見当たりませんでしたが、この時点では目が少し細めのような感じがしますね。

 

1999年:39歳ごろ

 

渡辺徹2画像出典:http://fanblogs.jp/taisei64/archive/549/0

 

こちらの画像は渡辺徹さんが39歳ごろの写真です。

目がぱっちりしているような感じがしますね。

 

2009年:49歳ごろ

 

渡辺徹3画像出典:http://kangekiyoho.blog.jp/archives/51313662.html

 

こちらの画像は渡辺徹さんが49歳ごろの写真です。

輪郭が丸くなったような感じがしますね。

 

2022年:60歳(現在)

 

渡辺徹4画像出典:https://www.instagram.com/p/CVTv69DBNuI/

 

こちらの画像は渡辺徹さんの現在に近い写真です。

くっきり二重になっているような感じがしますね。

 

渡辺徹の整形疑惑部位を比較

セイくん
渡辺徹さんの整形疑惑が出ている部位についてご紹介します。

 

渡辺徹の目

 

渡辺徹さんの目をこのように比較してみると、くっきり二重になっているように見えます。

 

フェイスライン

渡辺徹の口

 

渡辺徹さんのフェイスラインをこのように比較してみると、輪郭のたるみが改善しているように見えます。

 

世間の反応(ツイッター等)

ケイちゃん
渡辺徹さんの整形疑惑についての世間の反応を紹介します。

渡辺徹さんが整形したのでは?という意見が多く集まっています。

 

渡辺徹さんの顔つきが前と違うと思う人が多いようです。

 

セイくん
また、当サイト「整形の館」が独自に行ったインターネットアンケートによる口コミ情報もいくつか紹介します。
以前は、ふくよかな頬でしたが、最近は、ちょっとほっそりしてシャープな頬になったと感じたからです。
50代女性
若い頃のドラマ等から比べると、現在番組等で観ると、目を2重にした様な印象が有ります。昔は、もう少し細かった気がするので、そう思いました。
40代女性
痩せただけであんなに顔つき変わらないと思います。あと、年齢よりは若作りしているのでリフトアップはしていると思う。体型変わった分だけ顔も印象に残るので、二重はしているはず。
40代女性
永年ダイエットを繰り返している印象があります。
また、純朴なようで以外にも派手な振る舞いも見受けられるので、周囲からの視線を気にされるのではないかと思います。
元々つぶらな目をしていますが年齢を重ねてもぱっちりとした目は整形しているのではないかと思います。
30代女性
太ってたるんだ皮膚を少し引っ張っているのではないかと思います。
50代男性

 

このように渡辺徹さんには「」や「フェイスライン」に整形疑惑がもたれているようです。

 

渡辺徹のプロフィール

セイくん
最後に渡辺徹さんのプロフィールを簡単に紹介して終了します。
名前 渡辺 徹(わたなべ とおる)
本名 渡辺 徹(本名同じ)
愛称(ニックネーム) ラガー
生年月日 1961年5月12日
年齢 61歳
出身地 栃木県
血液型 A型
所属事務所 文学座映画放送部

茨城県立古河第三高等学校卒業後、1980年に文学座附属演劇研究所本科に入所。

翌年卒業、文学座研修科の研修生となり、同じく文学座出身の第二の中村雅俊として売り出されます。

文学座に入って間もない1981年、人気テレビドラマ「太陽にほえろ!」(日本テレビ系列)の新人刑事・ラガー(竹本淳二)役に抜擢され、一躍人気を獲得。

1982年には、EPICソニーから「彼<ライバル>」で歌手デビューを飾ります。

ドラマ出演の他にもポピュラー歌手として何曲もリリースし、セカンドシングル「約束」はグリコアーモンドチョコレートのCMソングとして大ヒットを記録。

1983年、「夜明けのランチ」でスクリーンデビューを果たし、1985年には正式に文学座座員となり、多方面で活躍しながら終生所属を続けました。

さらに新人ながら演技力でも高い評価を受け、1982年にはゴールデン・アロー賞放送新人賞、1984年にエランドール新人賞を受賞しています。

1987年10月14日、テレビドラマ「風のなかのあいつ」「気になるあいつ」(日本テレビ系列)で共演した、歌手・タレント・女優の榊原郁恵と結婚。

2男の父となり、長男の渡辺裕太も父親と同じ俳優の道へ進んでいます。

俳優として活躍する傍ら、司会者・マルチタレント・ナレーターとしても活躍。

特に司会者としては、メイン司会者を立てながら自らの存在感も活かす独特の司会術で、多くの女性タレントのサポート役として重宝される存在に。

また、淑徳大学人文学部表現学科客員教授、城西国際大学メディア学部特任教授、学校法人和光学園の理事などを務め、多方面で活躍を見せました。

そんな多忙な日々を過ごす中でも、あくまでも「文学座」所属の俳優であることから、一年に1~2本は劇団公演を中心に舞台に立つことも忘れませんでした。

一方で若い頃から1日6000kcalを摂取するほどの大食漢で、30歳の時に急性糖尿病を発症。

1990年頃から、急激なダイエットやリバウンドを繰り返したことで身体に負担がかかり、2012年に虚血性心疾患、2013年に膵炎、2021年に大動脈弁狭窄症、と何度も大きな手術を受け、病気と闘います。

晩年は糖尿病を起因とした慢性腎不全のため、週3回の人工透析も受けていたことが明かされています。

2022年11月28日、細菌性胃腸炎により入院中に容態が悪化し、治療を続けましたが敗血症のため61歳で帰らぬ人となりました。

最期まで俳優・タレントなどマルチに活躍を続け、多くの人に愛されてきた渡辺徹さん。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

Qries

 

おすすめの記事