ナム・ジヒョン1

 

セイくん

韓国の女優「ナム・ジヒョン」さん。

彼女は整形しているのでしょうか?

 

こちらのページでは、ナム・ジヒョンさんの画像を若い頃から現在まで時系列で紹介しています。

また、整形疑惑の部位や世間の反応も掲載しているので、参考にしてください。

 

Qries

ナム・ジヒョンの若い頃から時系列で紹介

ケイちゃん
ナム・ジヒョンさんの写真を昔から現在に近いものまで紹介しますね。

 

2010年:15歳ごろ

ナム・ジヒョン1

画像出典:http://www.incheontoday.com/news/articleView.html?idxno=14581

 

こちらの画像はナム・ジヒョンさんが15歳ごろの写真です。

卒アルは見当たりませんでしたが、子役時代の中学卒業時に取材を受けているときの写真がありました。

特に二重幅が広くもなく、鼻筋は通っていますが自然な感じです。

 

2015年:20歳ごろ

ナム・ジヒョン2

画像出典:https://hiburan.dreamers.id/article/53130/seo-in-guk-nam-ji-hyun-dan-dua-aktor-lainnya-resmi-jadi-pemeran-utama-drama-terbaru-mbc

 

こちらの画像はナム・ジヒョンさんが20歳ごろの写真です。

鼻は変わっていないようですが、15歳の時よりも目がパッチリとしています。

 

2018年:23歳ごろ

ナム・ジヒョン3

画像出典:https://twitter.com/yeoboph/status/1036852812171243520

 

こちらの画像はナム・ジヒョンさんが23歳ごろの写真です。

20歳の時よりも涙袋が少し大きくなったようにも見えますが、目、鼻ともに大きな変化はないようです。

 

2022年:27歳(現在)

ナム・ジヒョン4

画像出典:https://twitter.com/99iew/status/1564205204530429952

 

こちらの画像はナム・ジヒョンさんの現在に近い写真です。

目と涙袋がわずかに大きくなったようにも見えますが、このくらいであれば、その日のメイクや体調で変わる可能性もあります。

鼻は変わっていないようです。

 

ナム・ジヒョンの整形疑惑部位を比較

セイくん
ナム・ジヒョンさんの整形疑惑が出ている部位についてご紹介します。

ナム・ジヒョン5

 

ナム・ジヒョンさんの目をこのように比較してみると、中学生時代から20歳までの5年の間に目が大きくなったように見えます。

それ以降は目の大きさは変わっていませんが、近年は涙袋が大きくなっています。

 

ナム・ジヒョン6

 

ナム・ジヒョンさんの鼻をこのように比較してみると、大きな変化はないように見えます。

目の間からクッキリとした鼻筋が始まっていますが、中学生時代からすでにそのような鼻筋ですので、整形で作ったものではないようです。

 

世間の反応(ツイッター等)

ケイちゃん
ナム・ジヒョンさんの整形疑惑についての世間の反応を紹介します。

「目がぱっちり」という印象を持っているようです。

 

鼻に注目している方もいます。

 

ナム・ジヒョンさんの顔になりたい方も多くいます。

 

整形ではないという意見もあります。

 

このようにナム・ジヒョンさんには「目」や「鼻」、に整形疑惑がもたれているようです。

 

ナム・ジヒョンのプロフィール

セイくん
最後にナム・ジヒョンさんのプロフィールを簡単に紹介して終了します。
名前 ナム・ジヒョン
本名 ナム・ジヒョン
愛称(ニックネーム) 不明
生年月日 1995年9月17日
年齢 28歳
出身地 大韓民国仁川広域市
血液型 B型
所属事務所 マネジメントSOOP

ナム・ジヒョンさんは1995年9月17日、韓国の仁川広域市で誕生しました。

幼い頃から子役として人気を博し、現在では子役から脱皮した人気女優としての地位を確立しています。

ナム・ジヒョンさんが子役を始めたきっかけですが、ナム・ジヒョンさんが7歳の頃、『電波犬文録』という一般人の子供を使った人気番組がありました。

ナム・ヒジョンさんの母親がその『電波犬文録』にナム・ヒジョンさんを出演させたのですが、それがドラマプロデューサーの目に留まり、子役俳優としてのスカウトを受けたことがきっかけだったそうです。

2004年、ドラマ『愛してると云って』でデビューしたナム・ヒジョンさんは、その後も数々のドラマに子役として出演します。

ナム・ジヒョン7

画像出典:https://twitter.com/jossainyourhead/status/1134299897421651968

「怪物子役」とも言われたナム・ヒジョンさんは、2006年にSBS女子子役賞、2008年にMBC特別女性子役賞、2012年にはKBS女性青少年演技賞を受賞するなど、子役として高い評価を受けてきました。

子役から大人の俳優への変化は難しいものですが、ナム・ヒジョンさんは高い演技力で乗り越えます。

2016年の『ショッピング王ルイ』、2017年の『あやしいパートナー〜Destiny Lovers〜』では大人の演技者として高い評価を受け、MBC演技大賞の女性新人賞や、SBS演技大賞の優秀演技賞を受賞しました。

ナム・ジヒョンさんは俳優の仕事だけでなく、学校生活もおろそかにしませんでした。

子役としての活動は学校が休みの時だけに行い、修学旅行や遠足にも参加し、学校の友達も多いそうです。

成績に関しても、中学・高校で学年1位を取ったことがあるそうです。

西江大学の心理学科に進学したナム・ジヒョンさんですが、その理由は心理学が演技に役立つのではないかという理由だったようです。

ナム・ジヒョン8

画像出典:https://twitter.com/shirt__white/status/1580492875301015553

2020年には大学も無事卒業し、子役のイメージから脱して現在でも多くのドラマや映画に出演しているナム・ジヒョンさん。

ナム・ジヒョンさんの今後の活躍も大いに期待できますね!

 

 

 

 

Qries

 

おすすめの記事