ビビアン・スー1

【SH-01】

セイくん

台湾出身のマルチタレントである「ビビアン・スー」さん。

彼女は整形しているのでしょうか?

 

こちらのページでは、ビビアン・スーさんの画像を若い頃から現在まで時系列で紹介しています。

また、整形疑惑の部位や世間の反応も掲載しているので、参考にしてください。

 

【SH-02】

ビビアン・スーの若い頃から時系列で紹介

ケイちゃん
ビビアン・スーさんの写真を昔から現在に近いものまで紹介しますね。

 

1998年:23歳ごろ

ビビアン・スー1画像出典:https://plaza.rakuten.co.jp/shidu43/diary/201612040000/

 

こちらの画像はビビアン・スーさんが23歳ごろの写真です。

卒アルは見当たりませんでしたが、日本のテレビ番組で「ブラックビスケッツ」というバンド名でデビューしたころの画像を見つけました。

大きな目にあどけない顔立ちがかわいらしいですね。

 

2005年:30歳ごろ

ビビアン・スー2画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=K97Y2hkuuzk

 

こちらの画像はビビアン・スーさんが30歳ごろの写真です。

色白の美しい肌も、すっと通った鼻筋も、黒目がちの瞳も変わっていませんね。

 

2010年:35歳ごろ

ビビアン・スー3 (2)画像出典:https://blog.goo.ne.jp/sukimusuki/e/15d3e5a39dedf0d39d22020ddfe027d9

 

こちらの画像はビビアン・スーさんが35歳ごろの写真です。

一時日本での活動を休止していたビビアン・スーさんでしたが、この年から日本での活動を再開しました。

ぐっと大人っぽくなり、挑戦的な目つきからは以前のあどけなさは感じられません。

唇の形の良さが際立っていますね。

 

2020年:45歳

ビビアン・スー4画像出典:https://www.instagram.com/p/CDWUnmxp3x6/

 

こちらの画像はビビアン・スーさんが45歳頃の写真です。

二重瞼にすらりとした形のよい鼻、唇のふくらみもすべて綺麗ですね。

45歳という年齢を感じさせない少女のような可愛らしさも感じられます。

2022年:47歳(現在)

ビビアン・スー

画像出典:Instagram

こちらの画像は、ビビアンスーさんの現在に近い写真です。

年齢を感じさせない可愛らしさは、歳を重ねても健在ですね。

ナチュラルな雰囲気の中に落ち着きもあり、女性が憧れるのも納得の美しさです。

ビビアン・スーの整形疑惑部位を比較

セイくん
ビビアン・スーさんの整形疑惑が出ている部位についてご紹介します。

 

ビビアン・スーの目

 

ビビアン・スーさんの目をこのように比較してみると、二重が年々際立ち、目元もシャープになっているようです。

流行を追って目の形を変えているもかもしれませんね。

 

ビビアン・スーの鼻

 

ビビアン・スーさんの鼻をこのように比較してみると、鼻筋が細くなり、形もよくなっているようです。

顔のパーツをはっきりさせることを意識しているのかもしれません。

 

口(唇)

ビビアン・スーの口

 

ビビアン・スーさんの唇をこのように比較してみると、特に下唇のふくらみの形が美しいですね。

唇を魅力的に見せられるように、さまざまに努力されているのでしょう。

 

世間の反応(ツイッター等)

ケイちゃん
ビビアン・スーさんの整形疑惑についての世間の反応を紹介します。

日本での活動を再開したとき、驚いたファンの方も多いようです。

 

整形美人によく見られる顔立ちのようですね。

 

整形を疑う人は常にいるようです。

 

目元の整形が疑われているようです。

 

セイくん
また、当サイト「整形の館」が独自に行ったインターネットアンケートによる口コミ情報もいくつか紹介します。
小学生のときに見ていた顔の印象と最近になって見る顔の印象に微妙な違和感を感じ、見比べてみると鼻筋がしっかりとしてるように見えました。
20代女性
昔は可愛らしい顔立ちだったが、歳がいくに連れ全体的にシャープになっている印象。目元や鼻筋が鋭くなった気がするから。
40代女性
かなり涙袋が目立っているのと、昔より目がハッキリ大きくなったなという印象があります。唇も、少し不自然にぽっちゃりしていると思います。
30代女性
ずっとかわいいけど、昔よりも唇がぷっくりしているような気がする。
30代女性

 

このようにビビアン・スーさんには「目」や「鼻」、「唇」に整形疑惑がもたれているようです。

以前日本で活動していた頃の幼い顔立ちと、日本で活動再開した後のアダルトな顔立ちに差があり、そこが整形疑惑をかき立てているようですね。

 

ビビアン・スーのプロフィール

セイくん
最後にビビアン・スーさんのプロフィールを簡単に紹介して終了します。
名前 ビビアン・スー(びびあん・すー)
本名 徐 若瑄(シュー・ルオシュエン)
愛称(ニックネーム) 不明
生年月日 1975年3月19日
年齢 47歳
出身地 台湾
血液型 A型
所属事務所 株式会社テリオ

台湾出身のマルチタレントとして知られる、ビビアン・スー。

女優、歌手、作詞家、プロデューサーと、多くの肩書を持っています。

デビューしたのは1990年。

「台湾美少女芸能コンテスト」で見事グランプリを獲得し、3人組女性アイドルグループ「小除隊」のメンバーとして、シングル『Merry Christmas (P.S.I Love You)』をリリース。

1994年には、映画「ビビアン・スーの恋しくて…」に出演し、香港デビューも果たしました。

日本のメディアに初登場したのは、1995年。

台湾で出版した写真集「天使心」の日本版「Angel」発売にあたって、週刊誌などに掲載されたことがきっかけとなり、知られるようになりました。

1996年には、当時大人気のお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの冠番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」(日本テレビ系列)へ、レギュラー出演。

その翌年に番組内の企画として、ウッチャンナンチャンの南原清隆、キャイ~ンの天野ひろゆきと「ブラックビスケッツ」を結成し、「STAMINA」でデビューを飾ります。

1998年にブラックビスケッツとしてリリースした「Timing」が、出荷枚数200万枚の大ヒットを記録。

年末に開催された「第49回NHK紅白歌合戦」に「ポケットビスケッツ&ブラックビスケッツスペシャルバンド」として出演し、さらに日本レコードセールス大賞、新人ゴールド賞を受賞するなど、華々しい活躍を見せました。

その後も日本で活動を続けるものの、1999年に「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」を降板し、台湾と中国に活動拠点を移します。

活動拠点を移した後も、日本でバンド活動や女優、声優として活躍を継続。

その後台湾での女優活動を優先しながら、何度か日本に来日し、主演台湾映画「靴に恋する人魚」(2006年)、「天使の約束」(2007年)等のプロモーション活動を行いました。

ちなみに、日本でも1997年公開の映画「殺し屋&嘘つき娘」で、女優として初主演を果たしています。

2008年頃には、父親の看病のために芸能活動を休業しながら活動を続け、2010年テレビアニメ「くるねこ」のテーマソングがきっかけとなり、日本での活動を再開。

日本での歌手活動にも力を入れ、シングル「Beautiful Day」、「NICE AND NAUGHTY」、翌2011年にはアルバム「Natural Beauty」をリリースしています。

その後も台湾での活動はもちろん、日本でも映画「コンフィデンスマンJP-プリンセス編-」に出演し、彼女の美貌派」度々話題になりました。

プライベートでは、2014年にシンガポールの海運大手馬可波羅海業の二代目CEO・李雲峰(ショーン・リー)と結婚。

翌2015年に男児を出産しています。

アジア全域の広告イメージキャラクター60個以上を務めてきた経験を持ち、今なおアジアで愛され続けているビビアン・スー。

2022年には、約20年ぶりに日本の歌番組で歌声を披露しましたが、今後も女優や歌手として日本でのさらなる活躍も期待したいですね。

Qries

 

おすすめの記事